市町村が求める心理カウンセラー

市町村が求める心理カウンセラー

心理カウンセラーの資格は市町村の地方公務員としても活かす道があります。
市町村で心理カウンセラーとしての資格を持っている人が活躍する職場は、それぞれの自治体によっても異なります。
もっとも多いのは児童相談所や病院、介護施設などの施設です。

 

心理カウンセラーの資格での採用のされ方も市町村によってさまざまですが、ひとつの職場や仕事だけの従事するものよりも、さまざまな心理職を総合的に担うケースが多いようです。
相談業務だけでなく、精神科医や診療内科医とチームを組んで心理判定員として仕事をしたり、これからまだ、仕事の幅が広がっていく可能性がある職業です。

 

市町村での心理カウンセラーの資格保有者の募集は、人数が非常に少ないことが多く、狭き門になっています。
大学や大学院で学んだ高度な知識が求められ、他の一般の公務員と同様に一般教養などを含めた自治体の採用試験に合格することが必要です。
また、欠員があるときのみの募集をするケースがほとんどなので、就職を希望する場合には自治体のホームページなどをこまめにチェックしておくとよいでしょう。
将来はもっと需要が増して行くことが予想されるので、また採用枠も増える可能性があります。