介護施設が求める心理カウンセラー

介護施設が求める心理カウンセラー

心理カウンセラーは介護施設でも必要とされる存在です。
介護施設には公共の施設や社会福祉法人、NPOなどさまざまな団体があり、高齢者や身障者、またはその他に社会的支援を必要をする人々のために事業を行っています。

 

施設を利用する人にとっても、家族にとっても、心理カウンセラーの資格を持つが常駐していれば、さまざまな悩みを解決していく手段に導いたり、また相談をするだけで良い方向に進めて行くこともあります。
しかし、現実にはこれらの施設で専門の心理カウンセラーの資格を持っている人を置いているところはまだ少ないようです。
特に民間の施設では専業として従事している場合が少ないのが現実です。

 

そのために、これらの施設では介護福祉士や精神保健福祉士などの資格を有している人が、併せて何らかの心理カウンセラーの資格を持ち合わせていると歓迎されます。
心理カウンセラーの資格は専門性が高く、大学や大学院で学ばなければ取得できないものも多いです。
しかし、メンタル心理カウンセラーなど通信教育を受講することで取得できるものもあります。
介護施設で介護職として働くことを目指す人は、取得しやすい心理カウンセラーの資格をひとつ持っていると、就職が有利になります。