病院が求める心理カウンセラー

病院が求める心理カウンセラー

現代の複雑な社会のなかで、心理カウンセラーの資格の需要が増してきており、今後はさらに多くの人材が必要になることが予想されています。
心理カウンセラーの資格と一口にいっても、その内容は様々で、どのような職場で仕事をするかによってそれぞれ異なっています。
病院は心理カウンセラーが活躍する代表的な職場のひとつです。

 

病院には心理面、精神面での治療をする科として精神科や心療内科などがあり、治療に当たるのは医師です。
心理カウンセラーの病院での役割は、医師や作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士などとの連携のもとにカウンセリングや心理テストを行い、チーム医療の一員として患者の治療をたすけます。
精神疾患だけでなく、アルコール依存症や認知症の治療、またホスピスやその他の診療科でも、精神心理的なケアを行うためになくてはならない存在です。

 

心理カウンセラーの資格にはいろいろなものがありますが、病院が求めるものは臨床心理士です。
臨床心理士は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定するもので、国家資格ではありませんが、難易度が高い資格です。
取得するためには大学の心理学系の学部を卒業して大学院で所定の課程を履修し、試験に合格しなければなりません。