一般企業が求める心理カウンセラー

一般企業が求める心理カウンセラー

心理カウンセラーの募集元-一般企業が求める心理カウンセラーとは、心理カウンセラーの資格を持つ者が福利厚生施策の一環として、ストレスが健康に害を与える前に食い止める役目を求めています。教育研修によってストレスを予防し、悩みを持つならカウンセリングを行い、症状が悪化しているようなら治療、指導を行います。それでもうつ病などの精神疾患、身体症状を出す従業員が出てきますから、その場合は休職させて療養、治療の必要が出てきます。休職の必要があればそうしたケアを心理カウンセラーの資格で行い、適切な医療機関を紹介し、回復後は復職支援も仕事内容に入ります。
どんな職場にいても働いている以上ストレスは溜まりますし、ストレスに感じていなくても疲労は溜まっていきます。一般企業に心理カウンセラーがいることで、ストレスや疲労による健康被害が初期の段階で食い止められるようになります。同時にストレスや疲労を感じていない従業員にとっても、ストレスを上手く制御し、上手く発散する方法を教えるという役割を求めています。そのためにカウンセリング以外に教育研修の講師としての役割を求められることがあります。
心理カウンセラーの資格によって従業員のメンタルサポートを行い、従業員がスムーズに働ける環境をサポートすることが仕事となるのです。